SOCCER City Fußballinternat

Lebe deinen Traum

Fußballinternat

Sponsoren & Partner

  • Fußballinternat
  • Internatu piłkarskiego
  • футбольной академии
  • Fotbalový internát
  • Internado Internacional de Fútbol
  • Boarding School
  • Futbol Okulu
  • l’école de football
  • Fußballinternat
  • Fußballinternat

レンゲンフェルト/シュタインサッカー寄宿学校に向けたSOCCER City e.V.協会の指導方針

プロのサッカー選手は皆、小さな頃から始めました。「大きくなったら、サッカー選手になりたい」が、子どもたちの一般的な夢です。今日、その夢をかなえるためには、子ども自身による才能や能力だけでは、もはや十分ではありません。これらの二つの属性だけでなく、トレーニングや教育に対する統合的なアプローチを取り入れる必要もあると、私たちは考えています。このアプローチは、教室で始まります。これは、寄宿学校内で継続して行われます。寄宿学校で、生徒たちは日常的に一緒に生活を送ります。また、ピッチ上で、子どもと青少年たちの両者が専門的な訓練を受けます。  間違いなくサッカーのトレーニングが当校の取り組みの主な焦点ですが、それだけではなく、若いサッカー選手たちが、学問的にも社会的にも成長し、子どもたちそれぞれの自己啓発を促進させることができるようにご支援することが、必要不可欠であると考えています。

1.包括的概念-当サッカー寄宿学校の基本的な概要

サッカーシティのサッカー寄宿学校でご提供するトレーニングの全体的な目標は、当校が管理を任された才能豊かな若者たちが、サッカー選手として最大限成長するようにご支援することです。 これらの才能豊かな人々を対象とした、個人的な、年齢に適したトレーニングが当校では絶対的な優先事項です。選手たちの発展が最も重要です 当寄宿学校の生徒は、JFV 1 FC Süd012 Eichsfeldクラブを構成するさまざまなチームに対して、競争力のあるサッカーを実践します。私たちは、ジュニアの開発グループで競うチーム内で、信頼し合うムードの構築を目指しています。そのため、若い選手たちが安心して、潜在能力を最大限に引き出すことができます。 当校の若い選手、コーチ、監督は、フレンドリーでスポーツマンシップにのっとり行動することで、 JFV 1.FC Süd012 Eichsfeldクラブの肯定的なイメージを維持するように努力することが期待されています。以下のセクションでは、当サッカー寄宿学校の基礎の詳細についてご説明いたします。

1.1 サッカーシティでのサッカー 当サッカーシティのサッカー寄宿学校では、最年少の生徒であっても、効率的かつ効果的な方法で確実に様々な基本を練習いたします。(「ホームクラブのトレーニングに追加したトレーニング」を参照してください)​​。 スポーツ教育の分野において、私たちの目的は、基本的な原則、開発、およびパフォーマンスに関して、子どもや若者を訓練することです。その結果、彼らは、 現在のサッカー界でのスポーツに関する要求、およびスポーツ以外に関する要求のどちらに関する課題にも対応できるようになります。私たちは、私たちが管理 するすべての年齢層が、最高水準で、スポーツで競争してほしいと考えております。そのために、当校の包括的概念は活力に満ちたものとなっています。これ は、常に探求し、微調整を行い、また、提案や新たな開発を常に受け入れる必要があります。当校の選手たちには、自分自身に挑戦し、向上し続けるために必要 なスペースが与えられます。これは、熱意や創造性、創意工夫をフィールド上で発揮させるための最良の方法です。サッカーをする純粋な喜びがまず第一に来ま す。選手は、プレーしたりトレーニングをしたりする気持ちを絶対に失ってはいけません。成功は、成功へのコミットメント、モチベーション、ハングリー精神 に依存します。当校のユース選手を育成する取り組みは、職業訓練と見なすべきであり、それは継続して、未来志向で、徹底して行う必要があります。
当校の目標達成に関しては、情熱と資格を持ったコーチおよび監督が鍵となります。唯一の効果的な取り組みが、チームワークです。

1.2 当校について 私たちの国際的なサッカー寄宿学校は、当地域の様々なタイプの学校と協同します。詳細については、関連する学校のリンクをクリックしてください。

1.3 自己啓発

サッカーを通じた社会教育-「偉大な動機」としてのサッカー

教 育とトレーニングの一番の目的は、子どもたちが生活の中で自分の道を見つけ、自分自身や他人対して責任を取ることを学べるように、子どもや青少年たちの自 尊心を常に強化することです。責任を取ることを学ぶのは、サッカーの本質的な部分でもあります。多くの場合、成功と失敗を分ける決定要因となるのは、サッ カーの才能だけでなく、個々の個性も関係してきます。

競争力のあるサッカーのトレーニングに加えて、自己啓発が当寄宿学校での重要な基準です。

サッ カーを通じた教育は、一般的な能力、あるいは、生活の中で管理する原則的な能力を育成するものと説明することもできます。自分の人生により多くの価値をも たらし、さまざまな方法で反映させる方法を学ぶのは、共にこの領域内に入るプロセスです。サッカーは単なる物理的な活動ではありません。サッカーは、私た ちの文化遺産の側面であり、また、社会としての私たちの生活の一部です。物理的および社会的な行動は、密接に絡み合っています。互いを理解し、取るべき行 動を話し合い、グラウンドルールを承諾し、争いを解決し、妥協の余地について交渉すること。これらはすべて、サッカーの世界の内外両方における生活の重要 な部分です。個人およびグループとして、スポーツに絶えず付いて回る勝利と敗北について学ぶことで、貴重な洞察が生まれます。

責任を受け入れる、尊重する、寛容になる、受け入れる、公平である、正直である、などといった価値を伝えることが、当校の取り組みにおける中心です。 私 たちは、当校は国際的なサッカー寄宿学校であると考えているため、私たちは常に、当校の若い選手たちに社会や文化の違いを尊重し、フレンドリーかつ丁寧に 他者に対応するように指導しております。当寄宿学校の生徒たちは、自信に満ちておりますが、慎重に振る舞います。生徒たちは「異質なもの」を脅威としてで はなく、肯定的なものとしてとらえます。彼らは他の人と連携して取り組むことで、自分たちの目標に達することを学びます。このプロセスの一環として、生徒 たちは、チームの取り組み時にピッチ上で各自の個人的な能力を発揮しなければならず、また同時に、特定の性質、特別な性質、普通とは異なった性質に対する 余地も残して置くのを覚えておく必要があります。サッカーがカバーする範囲は広いため、サッカーは全体的な自己啓発に向けて具体的に貢献することができま す。グループで取り組む経験は、サッカーの境界を超えた意味を持つ、重要な学習成果につながります。 つまり、この経験から、当寄宿学校の生徒たちに総合的な教育を提供するのに役立つ、以下の価値が得られます。

1.尊重と配慮
2.フェアプレー
3.寛容で広い心
4.フレンドリーな心
5.礼儀正しさ
6.謙虚さ
7.素直さ

サッカーを通じたパフォーマンス関連の教育

私たちにとってパフォーマンスというのは、完了したアクティビティの最終的な結果を意味し、この結果は、比較ベンチマークとして使用されます。しかし、私たちは同様に、パフォーマンスの概念は、満た​​さ れなければならない、外部から課された課題に限定されないということもお伝えしなければなりません。それには、個人が自分で選んだアクティビティを完了さ せる喜びも含まれています。私たちは、自ら決定できるようにこの機会を提供することが、私たちの義務であると考えております。また、自分のパフォーマンス の向上を記録すること自体、喜びの源です。さらに、そうすることで、待ち受けている課題に対するやる気が生まれます。当寄宿学校の生徒たちに、自分が自分 のパフォーマンスと成果に責任を持つことを示すための機会を、至る所で提供することが重要です。個々のサッカーのパフォーマンスを向上させることは可能で す。そのため、パフォーマンス関連の教育は、自己啓発の主要な基礎的要素として見なければなりません。サッカーは、当寄宿学校の生徒間でのパフォーマンス に動機付けられた行動を奨励する以上のことをもたらします。サッカーは、生徒自身の能力における自信を深めることもできます。

スポーツ選手の性格は、様々な特質によって特徴付けられます。当寄宿学校の生徒の場合、生徒たちが私たちと一緒に過ごす時間において、私たちはその特質を最大限に発展させることを目指しています。

当寄宿学校の生徒は、以下を実践する必要があります:

すべてのトレーニングセッションで、毎分、あらゆる方法で、向上したいと思うこと。

障害は、克服するために存在することを自覚すること。

ピッチ上で、またはピッチについて下す意思決定すべてに責任を持つこと。

...トレーナーや仲間の選手たちに、信頼されること。

...勇敢で、強い自信を持つこと。

...個々の資質にかかわらず、チームスポーツとしてサッカーを認識すること。

...肯定的、否定的な批判の両方に対処することができること。

...サッカーの文脈における規律の意味を学ぶこと。

...自分の感情をコントロールすることができること。

...個人の責任の意味を理解し、この概念を肝に銘じること。

...自分の目標に向かって、辛抱強く、目的を持って、一貫して取り組むことを学ぶこと。

...すべての試合に勝ちたいと思うこと。